2015年03月14日

丸4年

 福島の事故から丸4年。
 それなりにニュースにはなっているが・・・

 気をそらすかのように、違う話題で盛り上がらされている。
 「北陸新幹線の開通」「サッカー日本代表監督決定」「ホワイトデー」 

 政府とマスコミの共同戦線、またしても成功! そんな感じがしています。

 この間に、再稼働・原発輸出・放射性物質の処分・武器輸出・沖縄基地移設・自衛隊海外派遣・・・etc.
 30年後50年後、取り返しのつかないことになるであろう政策が着々と進んでいる。

 福島県の放射線量は、一般生活区域内でも、チェルノブイリにおいては強制退去となるところが多い。
 このことには一切触れずに、”安全宣言”をし続ける政府には、憤りと不信感しかない。

 もっと多くの国民が、「もし、わが子がその場に置かれたら・・・」と想像し、たとえ何もできなかったとしても、”政府に対する怒り”だけはしっかりと表現しないといけない。
 私は、強く強くそう思っています。

 統一地方選挙の準備も着々と進んでいるようです。
 地方においてこそ、誰が当選するかに大きな意味がある。
 国から資金をぶんどる力の大きい人に投票する、ということは、政府の政策を支持します、ということです。
 たとえ、補助金をカットされてでも、「これだけは絶対NOです」と言える気骨のある人を支持できるかどうか、その選択によって、これからの日本が決まる。

 沖縄県民を見習おうよ! 私はそう思います。
posted by 杉浦 at 10:00| Comment(0) | 日記