2015年12月31日

アベ政治を許さない

今年最後のブログは、このホームページの紹介です。
https://sites.google.com/site/hisaesawachi/home

再稼働の準備が確実に進んでいく。
原発輸出も道筋が見えてきた。
核不拡散条約に批准していないインドへの原発輸出が何を意味するのか?

日本の使用済み核燃料が、アメリカの劣化ウラン弾にも使用されていることをどれだけの人が知っているのだろう?

防衛省の役人が豪語している。
「日本は、核武装以外は何でもできる体制が整った!」と。
いったい何をしようというのか?

核武装の裏工作は、実は経産省の仕事だ。その見せかけの表舞台が原発。
核に関する国家統制は総務省と文科省の仕事。
環境省は、国民を目眩ますための防波堤に過ぎない。


それにしても・・・
アベ政権の金のばら撒き上手(汚さ)には驚かされる。
企業も地方行政も、そしてマスコミも、知らない間に金をつかまされ、アベ政権の言うことを聞かざるを得ない状況に追い込まれている。
しかし、逆の見方をすれば、
金をチラつかされると、平気で生き方を変えてしまう企業・地方行政、そして国民がものすごく多いということをアベ政権は証明したわけだ。

戦争法をなくすための活動はするが、アベ政権の金権政治のおこぼれは欲しい、こうした人たちが、生き方を考え直さない限り、次の選挙でもアベ政権が勝つのだろう。
そして、その行きつく先は・・・・

何があってもそれだけは阻止しないといけない。
従業員1000人以上の企業に新卒で就職すると、2年間の研修という名の徴兵義務がついてくる。
その義務を果たすことが就職の条件。イスラム国周辺への派兵もある。
企業は、国から多額の報酬を受け取り、国は、兵卒の個人責任を企業に押し付ける。
どちらにとってもこの上ない好条件が成立する。一般国民の犠牲の上に!!!

遠い将来の話ではない。
「非常事態宣言」の在り方を憲法に加える。その改正がアベ政権の勝利と同時にスタートする。
この改正ができてしまえば、憲法9条なんてあってもなくてもどうにでもなる。
2016年6月の話だ。1年もない。

こんなアベ政権を許していいはずがない。

民主党、共産党、社民党、生活の党などが、本気で候補者を一本化しないと、アベ政権を許すことになる。
各政党の本気度もここで見えてくる。
国家と党利党略、本当はどちらを大事にしているのか?

それを見極めること、それこそが、本来あるべき国民にとってのもっとも重要な義務なのでは?
私はそう思っている。

アベ政権の政策「戦争法」「原発」「TPP」「辺野古」目的はすべて同じ。
消費税は、国民の目をそちらに向けさせるためのもので、ほんとうはどうでもいいものくらいに考えている。

こんな内容が1年の締めくくりとは、何とも情けない限りだが、情けなかろうがどうしようが、これ以上重要なことはない。

1年間ありがとうございました。
明日からの1年間もよろしくお願いします。



posted by 杉浦 at 14:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: