2016年03月10日

福井県 高浜原発

昨日、運転差し止め仮処分決定が下された。
運転中の原発を止めさせる司法判断は”初”とのことで、多くの人たちがホッと胸をなでおろしている。
涙を流して大喜びしている人もいるようだ。
http://www.asahi.com/articles/ASJ37454PJ37PTJB00C.html
この仮処分決定を素直に喜んでいいものなのだろうか?
否! 喜んでいてはいけない。

第一の理由としては、地裁(地方裁判所)の判断であるということ!
しかし、本当の理由は、この判断もアベ政権の策略である、ということを念頭に入れておく必要があるからだ。
「三権分立を揺るがす危険人物」という見方が国内外に広がりつつある。
現に、司法にも平気で圧力をかけている。

6月の総選挙を前に、「そこまでの悪人ではない、司法はまだ公平な国なんだ」と見せるための策略、私にはそう見える。

6月の総選挙後に、仮処分の取り消しと再稼働、その後、高等裁判所、最高裁判所での司法判断に委ねることになる。
万が一、再稼働を許さない裁判官であれば、あらぬ理由をつけて更迭、圧力に平伏する裁判官を任命する。
これが今までの流れだ。

私は、最高裁で「原発の再稼働を認めない」という判決が出るまでは司法を信用しない。
福島は、今も事故原因の究明さえもできていない。
今も、汚染水が大量に海に垂れ流されている。
今も、放射能が大気中に排出され続けている。
責任の所在も、全くもって明らかにされていない。
避難住民は今も10万人以上。
避難指定区域は、行方不明者の捜索さえも全くなされていない。

そんな中で、「原発は安全だ!」と誰がどの面下げて言うのだろう・・・
それを堂々と胸を張って言えてしまうのがアベ政権。
中曽根政権以降現在までの流れをしっかり見て欲しい。
マスコミの報道からではなく、現実に起こっている事実をしっかり見て欲しい。
最後は、必ず弱いものが泣き寝入りをさせられている。
この現実をしっかり見つめなおして欲しい。

私は、政党政治が大っ嫌いです。談合の集大成が政党政治と考えている。
右翼、左翼という言葉も嫌いです。
共産主義、社会主義、資本主義、自由主義、という言葉も嫌いです。
固定された思想ではなく、その時その時の状況に応じて、弱者(弱者という言葉も好きではありませんが)が見捨てられることのない判断をみんなでしていく、そんな社会であって欲しいと思っている。

原発推進は強者の論理です。
電力は、原発が動かない状態の中で、必要量の発電能力を有して7いなければならないことは電力関連法において定められている。
つまり、原発不要は、法を司る者であれば周知の事実。
このことをマスコミは決してきちんと報道しない。
これも政権の圧力。

仮処分決定に喜ぶことなく、5年を経過した福島第一原発の現状をしっかり把握したうえで、原発廃止の国の方針が打ち出されるまで、しっかりと声をあげ続けなければいけない。
それさえもできないような国であったとしたら、日本は間違いなく再び戦争への道に突き進む国になるだろう。





posted by 杉浦 at 12:05| Comment(0) | 日記

2016年01月30日

姑息な再稼働

 ここ数日のマスコミ報道は、ほとんどが甘利とかいう大臣の辞職問題ばかり。
 おまけの報道が、天皇のフィリピン訪問。
 もうひとつおまけの報道が、全豪テニス、錦織君が負けてしまったので利用しきれなかったようだが・・・

 そして昨日、福井県の高浜原発が再稼働された。ひとことふたことの報道しかない。

 現政権の策略が見事に見て取れる。
 マスコミが強要されているのか、自ら尻尾を振って迎合しているのか・・・ そんなことはどちらでも一緒だ。

 合法であろうが違法であろうが「政治家は口利き業」
 国会議員は票集めと現金集めに利用できそうな人間のために口利きをする。
 地方議員も同様だが、国会議員のような現金集めはしづらいので、票集めのための口利きが中心になる。
 国のため、地域のために純粋に活動をしている議員など、いまだかつて一度も見たことがない。
 純粋に活動をすれば、票集めをしてくれる人が離れていく。
 つまり当選できないのだからそういう議員がいないのは当然だ。

 そんな当たり前のことに何日も公衆電波を使う無駄、今、目の前に起こっているもっと大きな問題に焦点を当てることはできないものか?
 それはできない。
 なぜなら、現政権の策略どおりなのだから。

 3基目の原発再稼働が、今後の日本にどんな影響を及ぼすのか?
 世論が盛り上がらなければ、裁判に勝つことはできない。
 つまり、今度、なし崩し的に原発再稼働が始まるということだ。

 甘利とかいう人物の記者会見の日程調整とその内容、
 こんな裏話があったことは間違いないだろう。
 「君は辞任してくれ。その経過発表(記者会見)は、1月28日。でもその日にちも前日まで公表しないように。できるるだけニュースが大きくなるように盛り上げるが、君の人物評価ができるだけ上がるようにするから安心したまえ。1月29日は高浜の再稼働だからよろしくな。次期政権にはもっと儲かるポストを用意するから。」

 そして本日、「予定通りだな。再稼働で大騒ぎする愚民を極端に減らすことができたな。お疲れ!」なんて会話がなされていることだろう。
 「秘書には、後腐れがないように、それ相応以上の保障をしておけよ! すべての責任を負わせるのだから!」なんてことは毎度のことで、それを承知で大きな見返りを期待して秘書をしている人間もたくさんいるようだ。

 国家公務員時代、何人の国会議員秘書の名刺を受け取っただろう?
 「A社の税務調査の件でご相談が・・・」
 「あ〜また来たか」という感じです。
 私が目こぼしを断ると、上層部が勝手に調書をつくる。
 私は担当からはずされ、その上、出張禁止命令が出る。
 「へ〜??? 秘書ってこういう仕事をするんだ!」と思ったものです。

 そんなこんなで、また1基、原発再稼働。
 「安全な原発があるはずない! 1度の事故で取り返しがつかなくなることは実証済みだ!」
 それさえも無視する国に、未来はあるのか?
posted by 杉浦 at 10:56| Comment(0) | 日記

2016年01月16日

北朝鮮の核実験

以前から思っていたんです。
タイミングが良すぎる。
さすがの私も、まさかそこまでのことはしないだろう・・・ と思っていましたが・・・
同じことを考えている人がいる。
それが下のネット記事です。
http://www.mag2.com/p/money/7000/2
この記事をどう判断するかは人それぞれでしょう。

どちらであったとしても、これを利用して戦争できる国に向かう勢いが増す。
国民の命を虫けらのようにしか考えていないアベ政権にとっては願ってもない北朝鮮からの援護射撃。

対戦国となりうる国の首脳と、原発には攻撃しない密約をして、両国の首脳陣が潤う密約もしているのだろうか?
そう考えれば、世の中で起こっているさまざまな現象のつじつまが合ってくる。

さもなくば、ここまで次から次へと原発再稼働を強引に進めないでしょ。

そう考えると、イスラム国の首謀者もアベ政権も同じ穴のムジナと言えるのでは・・・

私にはそう思えて仕方ありません。
posted by 杉浦 at 14:03| Comment(0) | 日記